グループ店向けマニュアル

ごちコードの消込方法(グループ店)

グループ店側でのごちコード消込方法をご説明します。

「ごちめし・さきめし」など、事前にご購入いただくチケットには個別に「ごちコード」が発行されます。 ユーザー様が領収書メールを紛失されたり、URLをクリックしてもチケットが表示できないなど、使用済み処理ができない場合には、「ごちコード」を使って店舗様で使用済み処理ができます。

《 福岡市子ども習い事応援事業にご登録の教室・事業者様について 》

紙クーポンの使用済み処理に対応できます。紙クーポン券面に記載の、英数字を組み合わせた文字列が「ごちコード」になります。 QRコードの読み込みが不要となり、まとめて使用済み処理が行えますのでお試しください。

まずはGOCHIプラットフォーム管理システムにログインし、画面左側の「ごちコード消込」メニューボタンを押してください。
ごちコード消込画面が表示されましたら、店舗名を選択してごちコードをご入力ください。

「ごちコード」は『「ごち」が入りました!』メールに記載されています。メールの受信履歴から、購入者名や購入日時で検索してご確認ください。

※6つ以上のごちコード消込を同時に行いたい場合は、「ごちコード行追加」を押してごちコード行を追加してください。

金額や枚数の指定が必要な場合は、こちらの機能では使用済みには対応できません。恐れ入りますが、お問い合わせください。対応できない例は、「10枚購入のうち3枚だけを使用済みにする」→残りのチケットが全て使用済みになります。 「5000円共通券のうち1500円分を使用済みにする」→残額が全て使用済みになります。

ごちコードを入力後、入力したごちコードの下に表示されるメニュー情報をご確認ください。
確認後、「消込」ボタンを押してごちコード消込完了です。

「ごちコード{入力したごちコード}の消込を成功しました。」と表示されますので、「確認」ボタンを押し、ごちコード消込を完了してください。

消込済みのごちコードを入力した場合、「消込済みです」というメッセージが表示されます。

(Visited 5 times, 1 visits today)