STRIPE設定の手順を説明します。

「Gochiプラットフォーム管理システム」にログイン後「STRIPEに接続する」をクリックして設定します。

❶ 「Stripeの仕様を開始する」画面でGochiプラットフォーム管理システムに登録したメールアドレスを入力します。

STRIPEアカウントをお持ちでないお客様はこの画面でメールアドレスを入力するとSTRIPE新規アカウント作成も同時に行えます。

<重要なポイント>
Gochiプラットフォーム管理システムと異なるメールアドレスで連携すると売上金の受け取りがうまくできません。必ず同じメールアドレスのアカウントを連携してください。

❷ メールアドレスを入力したら「ログイン」をクリックします。

❸ 携帯電話認証をします。
お手持ちの携帯電話番号を入力し「テキスト送信」をクリックします。

メッセージ内の6桁のコードをメモしておきます。

❹ メッセージで届いた6桁の数字を「確認コード」に入力します。
入力が完了すると自動で画面が変わります。

❺ ログイン完了するとバックアップコードをダウンロードできる画面が表示されます。

Stripeアカウントを保護するためのコードになりますのでダウンロド・もしくは文字列をコピーして保管しておきましょう。

ダウンロード・メモが終わったら「次へ」ボタンをクリックします。

❻ 次に事業者情報の入力画面が表示されますので必要事項を入力し、「続ける」をクリックします。

<ポイント>
入力を間違えて次に進んでしまっても、最終画面で確認と変更が可能です。まずは最後まで進めてみましょう。

❼ 申請者の詳細を入力します。
必要事項を入力して「続ける」をクリックします。

❽ 事業詳細を入力します。
必要事項を入力したら「続ける」をクリックします。

❾ 改正割販法に関する質問に回答し「続ける」をクリックします。

入金口座を入力し「続ける」をクリックします。

顧客サポートの詳細を入力して「続ける」をクリックします。

オプション設定のページで寄付の設定をします。「寄付して続ける」もしくは「今はやめておく」どちらかをクリックします。

確認画面で入力内容を確認します。
修正したい場合は各項目のえんぴつマークをクリックすると編集可能です。

内容に間違いがなければ「完了」ボタンをクリックします。

「Stripeアカウント登録完了」と表示されます。

Gochiプラットフォーム管理システムに戻ると「STRIPEに接続する」のボタンの背景色が変わっていることが確認できれば連携は完了です。

(Visited 49 times, 1 visits today)